返済できない闇金解決方法

MENU

闇金業者がどんな人にでもお金を融資出来る理由をご存じですか?

 

闇金業者は、どんな人に対しても融資する事が出来ます。債務整理を行なった人にも融資します。多重債務者に対しても、お金を融資する事が出来ます。普通に考えて、信用の乏しい人に対し、審査もなく、お金を融資できるのはおかしな話です。違法業者であっても、債権を回収出来なければ、営業できないはずです。金融事故だらけでは融資できなくなります。なぜこのような融資が出来るのでしょうか。

 

それは取り立てる自信があるためです。元々、闇金は違法業者です。一日中、債務者の自宅で脅迫まがいの督促を行う事も出来る人達です。ちなみに一般的な消費者金融の督促は、時間が決まっています。午後9時から午前8時の督促、取り立て行為は禁止です。電話もFAXも出来ません。闇金のような違法業者は、そんな法律関係ありません。24時間、債務者に対して取り立て、督促を行います。返済できない・できる関わらずです。このように、問題が解決ができない結果、債務者は精神的に参ってしまい、延々と高利の返済を続けてしまう事になります。

 

 

闇金業者の取り立ては自分だけに向かうとは限りません

 

闇金のような違法業者は、24時間関係なく、督促、取り立てを行いますが、その方向が債務者のみとは限りません。本人が借金を返済できない、返せない状態であれば、家族や親戚、勤め先や友人宅に及ぶ事もあります。債務者自身が取り立てにあうのは、ある意味仕方がないと納得される方もおられるでしょうが、債務者周辺の人にも迷惑が及ぶのです。借金が返せないとあらば、違法業者ですから容赦なしです。

 

違法業者から債務者の勤め先に督促の電話があれば、債務者が借金している事実を会社に知られる事になるでしょう。違法業者が会社に出向いて債務者に詰め寄れば、債務者はまともに仕事が出来なくなります。他の社員も仕事どころではなくなり、ひどい場合は解雇されてしまうかもしれません。債務者のみではなく、会社や上司、同僚、部下にまで迷惑をかけてしまう事になります。債務者も会社にいられなくなるでしょう。このように、闇金の借金が返済できないと、債務者にとって解決とは真逆の何の得にもならない状況を生む事もあります。

 

違法業者と知っていて、お金を借りたのは本人です。これは仕方がないといった意見も少なくないのではないでしょうか。ですが相手は、違法業者です。違法業者の行う行為は違法であり、法律が適用されれば罰せられる事を忘れてはいけません。

 

闇金業者は、専門的に闇金対策が万全な弁護士などの法律家に相談する事がベストな解決への近道です。

 

その際、選ぶべき専門家は司法書士より弁護士です。弁護士は紛争性の高い問題を解決するプロだからです。司法書士はどちらかと言えば、書類作成のエキスパートであり、こういった込み入った問題ではやや不利です。そういった根拠により依頼は弁護士がベストです。弁護士の中には、闇金業者との修羅場に近い交渉に対しても、臆すること無く対抗できる方もおられます。こういった本当のプロに相談し、解決すべきです。

 

なぜ闇金業者対策が万全な弁護士でないといけないかお分かりですか?

 

普通の債務整理では、手続きしたら後は返済、もしくは生活再建を目指せば問題ありません。任意整理や個人再生なら、残りの債務を完済する事だけに集中すれば良いです。自己破産者なら、生活を立て直し、第二の人生を歩めば良いだけです。しかし、違法業者とのやり取りは、債務の減額、帳消しが成功して終わりとは限らないのです。交渉が終わり、手続きが完了した後も問題が続く事が多いです。

 

問題とは、債務者への嫌がらせや取り立てです。簡単には終わりません。違法業者は、まともな業者ではないので当面の間、自宅への電話、督促などの嫌がらせが続きます。債務者の家族や親戚にまで被害が及ぶ事もあります。この交渉終了後のフォローを任せられるのは、プロの弁護士しかいません。必要なら探偵やその他の業者の力が必要になるかもしれません。それだけ違法業者の絡んだ借金問題を、完全解決するのは難しいのです。こういった借金問題を抱えておられる方は、違法業者に対処出来るプロの弁護士を見つけ、相談し、サポートを受けながら解決してください。相談時には、手続き完了後のフォローについても聞いておきましょう。

 

 

まとめますと、まず闇金からは借りない事です。違法業者といえど、接点がなければ問題は起こりません。仮に違法業者から借りたとして、一時的に生活が安定したとしても、違法業者から借りないと生活できない時点で、その生活は破綻しています。返済できないと思ったら、その時点で普通に債務整理してください。このほうが債務者にとって楽です。

 

違法業者から軽い気持ちで借りた場合、借金が膨らむ前にすぐに完済してください。返済が滞った場合、一人で悩むのではなく、違法業者に強く、債務者をサポート、フォローしてくれる弁護士の力を借りることをオススメします。
債務整理、過払金請求などの手続きで、闇金の借金が帳消しになる可能性が大いにあります。
結果として借金がゼロになり、返済する必要が無くなるのですから、絶対に相談するべきなのです。

 

違法な闇金業者の強引な督促を、債務者のみの我慢で乗り切るのは難しいです。被害が債務者周辺の人間に及ぶ前に弁護士に話して、対策を立てましょう。難しい問題ですが、最善策を選択すれば、ちゃんと打開出来る事を覚えておいてください。